2010年03月25日

本日のトレード


こんばんは。

1ヶ月以上更新が無いかと思うと、

昨日に引き続き、思い出したように連続更新です。

管理人の人柄が窺えますね。



もっとも、本ブログでは

私が言いたいことはだいたい記事にしたので

積極的に更新する予定はありませんが。


本ブログのぞきにいらした方は、

ぜひとも過去のブログをご覧ください。

トレードに真剣に取り組まれている方であれば、

おそらく良い刺激になるはずです。



本日は21:30の経済指標発表時のトレードをしました。

21:30〜21:42までの12分間で30回ほどトレードしました。

25勝5敗、勝率83.3%で約9%の利益となりました。

今回は感触を見つつ乗せを行ったので、

満足のいく利益を得られました。


手法は第2波狙い。

事前に確認した

メインの時間枠のトレンドおよび

上位の少し大きめのトレンドと

同方向の動きであったため、

リバウンド狙いは控えました。

指標発表時のトレード手法については

過去の記事をご覧下さい。


さて、指標発表時のスキャルについては

関心の高い方が多いようですね。

一見すると派手に見えますが、

為替の醍醐味は

まさにこの指標発表をいかにうまく利用するかです。


これは発表直後のスキャルに限らず、

スイングトレードでも

これらの発表を踏まえて大きな流れの動向を探るなど、

とても大事な視点になるはずです。


最近の指標発表時の傾向を踏まえて

スキャルの簡単なコツについて触れたいと思います。

基本的には事前の相場状態が重要です。

それまでのトレンドと、

発表時刻に向けた変化はどうか、

に注目して確率的に高いパターンに賭けるのです。


例えばトレンドが明確で、

かつ発表時刻に向けて一旦収束するようであれば、

そのトレンドと同方向へ動いたのを確認して第2波狙い

逆方向なら、第1波が伸び止まったところで

リバウンド狙い、かつ逆行には即切りです。


また、ノートレンドで、

発表時刻直前まであまり変化が無い場合には、

発表後にイベント要素で一度は動意付くものの、

結果が根本的に弱いとまた保い合う可能性が高く、

リバウンド狙いが有効なことが多いです。

リバウンド狙いは基本的には逆行時は即切りです。


ノートレンドで発表後にトレンド形成する場合

・・と、全てのパターンをお教えするのは

皆さんのためにならないのでやめておきます。


大事なのは、ご自身で検証することです。

付け焼刃で行動することは、

瞬間的な迷いが命取りになるスキャルでは

死を招くことにつながります。


参考になった、という方は応援お願いします。



にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村


FX商材ではお勧めです。

サポート充実、作者の佐野さんは

実力・人間的にもすばらしいです。

以下のリンクからご購入されると

私のスキャルレポートが特典につきます。

よければどうぞ。
































posted by 為替狼 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

究極の極意とは?

こんばんは。

本日のトレードは5勝1敗。

資金の約5%ほどの利益となっています。


このブログでは、トレードにおけるコツ的なことを

ずっと述べてきました。

一貫して強調してきたのは

大衆から差別化をはかることで

自分なりの優位性を持つことの重要性です。


そのための方法論として、

私は逆張りを武器にしているわけです。


ただし、相場の流れに

やみくもに逆らうわけではありませんが。


本日は、そもそもの大前提となる

極意について触れたいと思います。

・・・極意ですが、ごく基本的なことです。

おそらく中級以上の方であれば

当たり前に実践されていることかと思いますが、

あえてここで再確認ということで。


それは「期待値」についてです。

結論から言いますと、

正の期待値を持った手法を一貫して行い、

大数の法則にしたがって

統計的に期待値どおりの結果に近づける、

ということです。


期待値は以下の式で表せます。

期待値=勝率×(平均利益+平均損失)−平均損失

平均利益・損失については

pipsでも金額でもかまいません。


この式で表されるのは、

1トレードあたりに期待される利益です。


例えば、勝率70% 平均利益4pips 平均損失5pipsの

スキャル手法があるとします。

これを式に当てはめると

勝率は100%で1とするので

0.7×(4+5)−5=1.3pips

つまり1トレードあたり1.3pipsの利益が期待できるのです。


ただし、この手法で数回トレードをしても

期待値どおりの結果にはなりません。

大数の法則に従い、数をこなすことで

統計的な優位性が活きてくるわけです。


そのための資金管理であり、

さらには最悪のケースの際の損失額、

いわゆるドローダウンを低く

抑える必要性も出てくるわけです。


以上が極意中の極意です。

私たちトレーダーは、

個々のトレードを行っている意識はありません。

複数のトレード群を一貫して実行しているのです。

個々のトレードの結果など

全くもって重要ではありません。


私のトレードは高勝率が強みですが、

それでもやはり、

こういった考え方は必須になります。


以上、ぜひご参考ください。

よろしければ、過去の記事もご覧ください。




posted by 為替狼 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トレードの極意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。