2009年06月27日

相場状況を見極める

本日もトレードを行いました。
1勝2敗、資金の5%ほどのプラスです。

今回は利を伸ばす作戦で
勝率33%ですが、利益を得ることができています。

2敗のうちの1つはルール違反の損切りを行い、
本来であれば大きく勝てた筈のトレードでした。
最近の中でワースト3に入るダメトレードでした。


さて、私はトレードに関する書籍は
FXに限らず商品先物や株関連、
その他の専門書からビジネス書など
トレードに役立つと思ったものは片っ端から読んでいます。

数にすると、100や200には収まらないくらい。
読書量は私の自慢できる数少ないものの一つと思っています。

そんな中から私のお気に入りの一冊が以下です。
(ちなみにアフィリエイトではありません。)

トレーディングエッジ入門―利益を増やしてドローダウンを減らす方法 (ウィザードブックシリーズ138)

トレーディングエッジ入門―利益を増やしてドローダウンを減らす方法 (ウィザードブックシリーズ138)

  • 作者: ボー・ヨーダー
  • 出版社/メーカー: パンローリング
  • 発売日: 2008/05/16
  • メディア: ハードカバー




この書籍は私のトレード手法の核心部分と
同様の視点が述べられているのですが、
その点は、詳しくはぜひご購読いただければと思います。

さて、この作者の提唱する理論に、
「PPサイクル」というものがあります。

簡単に言いますと、
あるトレーダー、またはある手法には
利益を上げるサイクルと、損失を出すサイクルが
交互に繰り返される、という理論です。

利益を上げるときには連続して利益を上げ、
損失を出すときには連敗することが多いわけです。

異論はあるかと思いますが、
私はこれにはとても納得がいきます。

いかなる手法でも
その手法が機能する相場・機能しない相場が必ず存在します。
トレンドフォロー戦略は保合ではダマシを連発。
カウンター戦略はトレンドでは大きく負けがちです。

システムトレードの世界では、
いかにそのロジックの得意な相場で利益を伸ばし、
不得意な相場では損失を最小限にするか、に心を砕きます。

システムトレードでは、
その時々で同ルールを適用したりやめたり、では
システム自体のエッジが消失しますから、
一貫して売買ルールに沿って売買を続けることが前提となります。

ですが、我々裁量トレーダーは、
相場を選ぶことができます。

自分の手法はどのような相場で機能するのか、を知ることです。
その上で、大小様々な時間軸から相場状況を見極め、
トレードするべき時、休むべき時を明確にルール化することです。

これができれば、あなたのトレードロジックのエッジは
最大限に磨き上げられ、その真価を発揮してくれるでしょう。

ランキング/トレード手法ならこちら


posted by 為替狼 at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。