2009年07月13日

チャート分析のすゝめ

テクニカル分析といえば、
特に初心者に近い方ほど数々のインディケーターを用いることを考えるようですが、
スキャルパーの多くは意外にもチャートのみでトレードしているようです。

私はというと、
RSIとMAを補助として用いています。
ただしそれもトレンドや相場の勢いの見極めの参考にする程度で、
メインはチャート分析によります。

ちなみにチャートには色々な種類がありますが、
私はローソクを使っています。
ローソクが最も情報量が豊富だと思うからです。

最近はコマ足(平均足)が流行っているようですが、
コマ足はトレンドが視覚的に把握しやすく、
一見するとキレイで誰がみても現在の値動きの方向を判断しやすいため、
初心者からすると分かった気分にさせられてしまいます。
なので特に商材屋さんを中心に人気があるようです。
(当然、コマ足を有効に使ってトレードされている方もおられますが)

ただしコマ足は、実際の値とズレたローソクの表示となり、
値動きのパターンやその流れを正確に把握することの妨げになります。
私としては、ローソクが読めない人が大枠でトレンドを理解しやすいようにしたもの、という印象です。
そしてなによりローソクでの分析力がつきづらい気がします。

FXを始めて一通り相場の仕組みやテクニカルなどの知識を身に付けたら
次にぜひお勧めしたいのは
個々のローソクの意味、そしてローソクとローソクの関係、
さらにはそれらの集合体からなる相場状況について考えることです。
陰線か陽線か?
ローソクの実態部分の大きさは?ヒゲの長さは?
ID(インサイド・デイ)、OD(アウトサイド・デイ)となっていないか。
そしてそれらのヒゲやID・ODはどういう場面・どういう流れの中で出現したのか。
高値・安値を形成したのか。
高値・安値は前回の高値・安値を更新しているのかどうか。
その高値・安値の市場参加者の注目度は?抜けたらどうなりそうか。
抜けなければどうなりそうか。

これらの視点を基本としつつ、これまでどういう流れで値が展開して、
それは継続するのか、又はどういう変化が生じつつあるのか。

なにもローソクの組み合わせの形を暗記する必要はありません。
どういう値動きの結果としてそういう形となったのか。
一つのローソク足、複数のローソク足を動的に見ることが大事だと思います。

例えば酒田五法の中で特に有名な「明けの明星」「宵の明星」などは
チャート分析に慣れてくると、いちいち「明けの明星だな」などと意識しなくとも
「これは下降勢いが弱まり、上昇勢いが強まってきているな。」というのは
感覚的に分かってくるものです。

逆に、聞きかじりや丸暗記で臨んでも、
自分がその本質を理解していなければ結局はいざというときに動くことができないものです。

本質を理解していなければ、どんなに優れた手法であったとしても、
その手法を心から信じて実践できる方は稀だと思います。

感覚、と聞くと腰が引ける方もおられるかと思いますが、
相場で必要な感覚というのは、実はセンスの問題ではありません。
トレードはそもそも感覚やセンスが必要なものではありません。
ただひたすらに量をこなすことで
過去に見たパターンから「ここからはこうなることが多いな」という具合に
徐々に流れが見えてくるようになってくるのです。

それにはとにかく、何よりも値動きやトレンドを意識しつつひたすらチャートを見続けることです。
漠然と見続けるのではなく、
どういう値動きからそういうローソクの形、複数のローソクの組み合わせになったのか。
次はどういうローソクの形になるのか。
または、数本以内にはどういう形となりそうか。
ここから数本は陰線が多いのか、陽線が多くなりそうか。

ジャストのタイミングで値動きのタイミングを捉えることなど
どんなに優れたトレーダーでも不可能に近いものです。
ただしそれなりの許容範囲を設け、
「この辺りではこうなりそう」「少なくともこの辺りまでは伸びそう」
「この辺りは怪しいからその前に決済しておこう」
「このレベルでこういう動きとなったら、きっと売りが強いということだな」

・・・などなど。
現在は多くのブログでロジックが公開され
訪問者の方々はそのセットアップを真似したりしつつ勝てる手法を求めているようですが、
時にはその時間をひたすらチャートを眺め続けてみるのも
新たな飛躍につながることがあるようです。

ランキング/トレード手法ならこちら
posted by 為替狼 at 00:28| Comment(1) | TrackBack(0) | テクニカル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふうむ 勉強になりますね
Posted by kei at 2009年07月13日 00:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。