2009年07月17日

本日のトレード

本日は日中の空き時間で一度トレード。
資金の3.3%ほどの利益を上げています。

ドル円で、1分足短期トレンドが伸び止まり、
そこから先は硬そうだったので逆方向へ仕掛け。
読みがあたり利益となっています。

値動きが少なく、かけた時間のわりには
あまり利益率は良くないです。

やはりLD/NY市場のほうが私は性に合っている気がします。


ところで、先ほど「読み」と言いました。
私にとっての「読み」は自分の中ではかなり感覚的なものですが、
基本となるのは高値・安値の関係です。

高値・安値を切り上げているのか。
それまで切り上げていたのが、
新高値を更新できずに下げはじめたり、
さらには安値を更新してきたり
・・となれば当然、上昇トレンドから
下降トレンドまたは持ち合いへの転換を想定します。

ただしこれらは厳密ではなく、
やはり相場の勢いであったり
「板」を想定した感覚であったりします。

よくトレーダーのことをスポーツ選手に例えられますが、
たとえば野球でもそうですが、
生まれつきの天才でも
やはり量をこなさなければその才能は開花しません。

やはりこのあたりの感覚は
とにかく多くの積み重ねの上についてくるものだと思います。
はっきりいって、量は強いです!
いきなり質を求めても
その人の感覚や才能、運に左右されがちですが、
「量」は誰がどう見てもこなした量だけの経験は
疑いようがありません。

私たち平凡なトレーダーにできるのは
「量」が「質」に転換するまで
とにかくひたすら量をこなしていくことです。
「量」をこなすことこそが
凡人が勝てるトレーダーとなる最も近道なのです。


車の運転でも
ただ教本を読んだだけでは運転できませんが、
慣れてくるとオートメーション化して
いちいち理屈で考えなくとも体が反応しますよね。
車の運転は、プロのレースで活躍したい方でなければ
日常の足として使う分には、特別な才能は必要ありません。

トレードでも、一部のビッグプレイヤーのように
数十億もの資産を築くにはある程度の才能が必要と思いますが、
すくなくとも一般の人がそれなりの利益を得たり、
専業として食べていく程度であれば、
数さえこなせば可能と思います。

ただしそれには
最低限のポイントを抑える必要はあります。
それらのポイントについては
やはり誰か実際に勝っている人に師事するか
とにかく事細かに教わるほうが道を外れにくいと思います。

当ブログの過去の記事を読み返してみていただけると
少しは見えてくるものもあると思います。
勝っている方のブログを色々とごらんになるのも良いでしょう。
(ただし玉石混在しているようですが。。)

ちなみにブログをごらんになる場合、
ただ見た目の見易さから選んでは決してよい情報は得られません。
当ブログも、字ばかりで我ながら見づらいと思いますが、
情報の質としては自信があります。
あとは見る側の選球眼ではないかと思います。

私も幸い勝ててはいますので、
お問い合わせいただけるとご相談には乗れると思います。

「弟子希望」とのお話もいただいておりますが、
ひょっとしたら、気が向いたら、
お弟子などと大それたものでないにしろ、
なんらかの形で個人的にお付き合いすることも
あるかもしれませんね。

もしご希望がありましたら
当ブログ「お問い合わせ」アドレスまで。
ご期待に添えるかどうかは未定ですが。

ランキング/トレード手法ならこちら
posted by 為替狼 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。