2010年01月24日

相場の分析より自分の分析

こんにちは。先週のトレードの分析をしています。

スキャルはトレードごとに

すぐに客観的な自己評価はできないので、

あとでまとめてじっくりと

色々な角度から分析することをお勧めしています。


自分の取った行動について、

冷静に見つめなおして

良いクセ・悪いクセを見つけだし、

現在の相場にとってそれはどうなのか

どういう点をより意識するとよいか?

改善点はどこか? ・・などなど。

客観的なデータから分析するわけです。



ちなみに私の先週のデータは以下のとおりです。


・総トレード数   20回
・勝敗       18勝2敗0分(勝率90%)
・損益指数(勝ち平均/負け平均)1.3584
・最大利益(利率換算)9.4%
・最大損失(同)   1.2%
・週間利益率     22%
・売買分割回数 1単位:1回
        2単位:7回
        3単位:4回
        4単位:2回
        5単位:3回
        6単位:1回
        7単位:2回
・平均分割回数 4.45単位
・PF      14.23


ちなみにPF(プロフィットファクター)

なるものもためしに出してみましたが、

普段は全く意識していません。


分割に関してですが、

私は逆張り分割売買ですので、

分割の入れ方が生命線となります。

上記は、資金から算出したリスク量から

分割して入れる1トレードを1単位としています。


以上から分かることは、

20回のトレードのうち、1回を除き

ほぼ確実に2分割以上でトレードしていること。

2〜3単位の分割になることが多いこと。

多くとも6〜7分割で終わっていること。


あと、基本的なこととしては、

勝率が高く、損益指数が1以上であること。

つまり、平均利益が平均損失より大きいこと。

・・ちなみにこれは、

スキャルでは必ずしも必要とはしません。

勝率勝負であえて損益比率の悪い手法で

されているプロもいらっしゃいます。

私も、時には平均損失のほうが

上回ることもあります。


あと、最大損失(いわゆるドローダウン)を

小さくおさえることは不可欠でしょう。


今週は勝率・損失幅ともに満足のいく結果でした。

相場のリズムとタイミングの取り方(引き付け具合)が

マッチしたといえるでしょう。


しかしいつもこうはいきません。

途中で合っていないと感じたら、

修正する必要性が出てきますし、

なかなか合わず、損を重ねるようなら

一旦休みを入れることもとても大切です。


どんな手法にも

合う相場・合わない相場があります。

プロは合わない相場と分かって時点で

すぐに休み入れるものです。



応援よろしくお願いします。


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村











        




人によって

posted by 為替狼 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | トレードルール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。