2010年01月29日

経済指標発表時の取引について


こんばんは。

つい先ほどまでトレードしていました。

本日の成績は11戦11勝0敗。

資金の7.4%の利益となっています。


指標発表時のトレードでは、

5,6分の間に14回売買を繰り返しました。

新規・決済合わせると倍になるので

28回売り買いをしていたことになります。

買いからも売りからも入って、

こまめに利益を拾っていって、

約2%の利益となりました。


ちなみに、冒頭の11戦というは、

私は分割売買ですので、

1トレードグループ単位で1戦として

計算しています。


実際の売買回数は、

本日はトータルで44回になります。


指標発表時の取引についてですが、

プロの方はその時間のエントリーは見合わせ、

保有ポジションもスクエアにする

というのが一般的かと思います。


ポジションは当然、

私も事前にスクエアにします。

私のマイルールでは、

指標発表30分前は基本的に様子見です。



指標発表の際にも淡々と売買をするのは

私のように、

逆張り派のスキャルパーくらいでしょうか。


私個人的な考えとしては、

指標時取引では、逆張りでないと

トータルで勝つのはきついと思います。


値動きを追いかけて仕掛けるのは

指標時取引では厳禁です。

(・・というより、全てのトレードで

まずいとは思いますが。)


実際の売買についてですが、

まず、第1波は当然、見送ります。

指標取引で勝っている人で

第1波を狙う人は

まずいないのではないでしょうか。


そもそもほとんどの業者では

スプレッドが拡大していますので、

実質取引不可と思います。

サクソ系IBの業者は

使えるとの話も聞きますが。


そして狙うはその後です。

私は第1波のリバウンドから

積極的に狙っていきます。


第1波が伸びるだけ伸びて、

伸び止まりそうなところで仕掛け。

そこから、

「ここまではまず伸びてこないだろう」

という水準までを視野に入れて、

計画的に分割してポジションを

建てていきます。


そして順行してある程度の利が乗り、

値が止まったところで利食いです。

欲張らないことが必須です。



あと、その指標の注目度や

コンセンサスが極端に傾いている場合、

大きなサプライズで

暴騰・暴落の恐れがある場合には

第1波リバウンド狙いは控えます。


そういう場合には、

第2波から狙っていきます。


第2波狙いも基本的には同じです。

たとえば今回の場合、

第1波で大きく上昇、

その後伸び止まって下げてきて、

その下げがそろそろ鈍ってきた頃に

買いエントリーです。

そこから、上昇の起点よりさらに下、

上昇する前の持合レンジの

下限あたりまでを視野に入れて、

そこまでの分割売買を計画的に入れます。


そしてやはり順行して、

値が伸び止まったところで

欲張らずに利食いです。


感覚としては、

止まったのを確認するのではなく、

止まりそうなところで

早めにアクションを起こすことです。


指標取引は以上のような感じです。

個人的には、指標発表時の取引は

短時間で結果が出るので楽です。


スキャルをしていてつらいのは、

ダラダラと動きが無くなって

時間が刻々と過ぎていくような状況です。


そもそも相場に入る時間を

最低限にすることでリスクを軽減するのも

スキャルの利点ですが、

長時間相場に入っているということは

それだけ突発的な動きに

やられるリスクも増大しますからね。



参考になった、というかたは

応援よろしくお願いします。

  ↓


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村














posted by 為替狼 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139724346
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。