2009年07月19日

愛しのドル円ショート


本日は引き続き2つめの記事です。

私はドル円のみでトレードしています。
理由はただ一つ。相場の安定感からです。

よく通貨ペアについて相談を受けますが、
皆さんにお勧めしているのは次の2点。

1.まずは一つの通貨ペアに絞ってひたすら検証してみる。
その通貨ペアのクセなどじっくりと覚えこむこと。

2.慣れてきたら、他の通貨ペアも巡視して
トレンドが明確かつ適度な強さがある
トレードしやすい通貨ペアを選んで行う。

・・というのが良いように思います。

ただし、それはデイトレに近いスパンの話で、
本当に超短期のスキャルでは
(保有時間数分、数pips狙いといった感じのスキャルでは)
やはりメジャー通貨ペア
一本に絞ったほうが集中できると思います。

この記事のタイトルにもあるとおり
私は特に、ドル円のショートが大好きです。

以前の記事にも書きましたが、
一つは動くときにはストンと一気に動き、
気持ちよく利益が伸びるからです。

そしてもう一つ。
これが重要なのですが、
ドル円は上昇はジワジワ、下降はストンとなるので
損切りの際(つまり意に反して値が上昇した際)、
いきなり大きくグンと損失が膨らむことが少ないのです。

つまり利益は急激に伸びやすく、
損失はジワジワと待ってくれるので検討の余裕がある。
これが私のスタイルにはちょうど良いのです。

なにがちょうど良いかといいますと、
私の採用しているロスカットの方法が
ドル円ショートに最もマッチしているのです。

なので私の今後の願いとしては
少しでも円高トレンドが多く出ることです。

ただし当然、
ロングでも勝負に躊躇はしませんし、
そもそも売り買い自在に行えるほうが
強みとなるのは事実ですが。

ランキング/トレード手法ならこちら


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。