2010年03月25日

本日のトレード


こんばんは。

1ヶ月以上更新が無いかと思うと、

昨日に引き続き、思い出したように連続更新です。

管理人の人柄が窺えますね。



もっとも、本ブログでは

私が言いたいことはだいたい記事にしたので

積極的に更新する予定はありませんが。


本ブログのぞきにいらした方は、

ぜひとも過去のブログをご覧ください。

トレードに真剣に取り組まれている方であれば、

おそらく良い刺激になるはずです。



本日は21:30の経済指標発表時のトレードをしました。

21:30〜21:42までの12分間で30回ほどトレードしました。

25勝5敗、勝率83.3%で約9%の利益となりました。

今回は感触を見つつ乗せを行ったので、

満足のいく利益を得られました。


手法は第2波狙い。

事前に確認した

メインの時間枠のトレンドおよび

上位の少し大きめのトレンドと

同方向の動きであったため、

リバウンド狙いは控えました。

指標発表時のトレード手法については

過去の記事をご覧下さい。


さて、指標発表時のスキャルについては

関心の高い方が多いようですね。

一見すると派手に見えますが、

為替の醍醐味は

まさにこの指標発表をいかにうまく利用するかです。


これは発表直後のスキャルに限らず、

スイングトレードでも

これらの発表を踏まえて大きな流れの動向を探るなど、

とても大事な視点になるはずです。


最近の指標発表時の傾向を踏まえて

スキャルの簡単なコツについて触れたいと思います。

基本的には事前の相場状態が重要です。

それまでのトレンドと、

発表時刻に向けた変化はどうか、

に注目して確率的に高いパターンに賭けるのです。


例えばトレンドが明確で、

かつ発表時刻に向けて一旦収束するようであれば、

そのトレンドと同方向へ動いたのを確認して第2波狙い

逆方向なら、第1波が伸び止まったところで

リバウンド狙い、かつ逆行には即切りです。


また、ノートレンドで、

発表時刻直前まであまり変化が無い場合には、

発表後にイベント要素で一度は動意付くものの、

結果が根本的に弱いとまた保い合う可能性が高く、

リバウンド狙いが有効なことが多いです。

リバウンド狙いは基本的には逆行時は即切りです。


ノートレンドで発表後にトレンド形成する場合

・・と、全てのパターンをお教えするのは

皆さんのためにならないのでやめておきます。


大事なのは、ご自身で検証することです。

付け焼刃で行動することは、

瞬間的な迷いが命取りになるスキャルでは

死を招くことにつながります。


参考になった、という方は応援お願いします。



にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村


FX商材ではお勧めです。

サポート充実、作者の佐野さんは

実力・人間的にもすばらしいです。

以下のリンクからご購入されると

私のスキャルレポートが特典につきます。

よければどうぞ。
































posted by 為替狼 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

本日のトレード


こんばんは。

本日は10戦10勝0敗。

細かく利食いを繰り返したので、

利益は7%にとどまっています。

相場に落ちている小さな利を

細かく拾い集める・・。

スキャルの王道ですね。


よくいただく質問に、

勝率が良すぎるとのお話があります。

スキャルでそれなりの利益をあげるには、

最低勝率7割は必要でしょう。


トレードでは通常、

勝率と損益比率の掛け算で

そのトレードのパフォーマンスを調整します。


順張り系の手法は基本的に、

勝率よりも損益比率を良くして

トレーディングエッジを出します。

順張りで勝率を上げることを目指すのは、

あまり得策とは言えません。


なのでスキャルでも

順張りを行うのであれば

少なからぬ負けトレードを淡々とこなしつつ、

損益比率を有利にすることで

トータルでの勝ちを目指さねばなりません。


逆に、勝率の高いスキャルを目指すのであれば、

逆張りをメインとするべきと思います。

そして逆張りの腕を上げるためには、

コントラリー思考が必要です。

大衆に向かわずして逆張りはありえないからです。


応援よろしくお願いします。

    ↓

にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村








    ↑    

商材を1つといえばこれ。

作者の佐野さんは商品先物取引出身の方です。

テクニカルの本場は先物市場ですよね。

とても濃い内容、サポートも充実です。

当リンクからご購入いただくと

私のスキャルレポートが特典につきます。
posted by 為替狼 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

本日のトレード

本日2回目の記事です。

日中に書いた記事では

体調が悪いので無理しない、といいました。


そのつもりで無理せずトレードしました。

結果は7勝2敗で、資金の5%の利益となっています。

指標発表もからめて

取れるところをスマートにいただきました。


私の尊敬する、あるプロの方によると

トップトレーダーは、

自分に取れるところ・取れないところを

誰よりも明確に自覚している人たちのことだと。

がっつかずにスマートにいただく、

というのも大事だということですね。


本日のトレードですが、

無理しないといいつつ

トレード回数が多いといわれそうですね。

しかし気持ち的に無理しない、と

決めてゆっくりと相場を眺めていると

より見えてくるものがあります。


普段はもう少し集中して

目を皿のようにしてタイミングや

相場の流れとその変化などに

注目しているのですが、

このくらいリラックスして望むのも

負担が無くてよいのかもしれません。


・・といっても

ご覧の皆さんには伝わりませんね。


ただ、

肩の力を抜いて望んだほうが

わりと良い結果がでやすい、

ということは誰にでも言えそうです。



うーん。

最近の記事は抽象論や精神論に偏り気味?

しかし、技術的なことは

過去の記事にあらかた書いていますので、

ぜひ過去の記事をご覧ください。

最近の記事よりもためになるかも??

それと、応援のほどよろしくお願いします。

  ↓
にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村









posted by 為替狼 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

スキャルは逆張りが基本


久々の記事となります。

ブログの更新は手付かずになっていますが、

トレードのほうは続けています。


本日のトレードは約50回ほどのトレードをしています。

NY時間のみのトレードです。

結果は全勝。134pipsの利益となりました。

全勝はできすぎだったかと思いますが、

たまたま運が良かった面もあります。

私の場合、通常の勝率はだいたい8割前後ですので。



今回は、レジスト・サポート水準でのカウンター狙いと

トレンドが出たところでトレンドフォロー押し戻り狙いを組み合わせて

うまく波を乗りこなすことができました。



たまにいただくご質問で

なぜそんなに勝率がいいのか、

そんな成績はありえないとのご意見があります。



まだ世間一般の「常識」から抜け出せていない方にとっては

まさにそのとおりだと思います。

以前の私も、きっと現在のパフォーマンスを見れば

「あり得ない」と思ったかもしれません。



スキャルの極意、といっても過言ではありませんが、

絶対に押さえておくべき基本があります。



それは表題にあるとおり、

「スキャルは逆張りが基本」ということです。

さらには

「スキャルではなんぴんが必須」ということも大切です。



あとはしっかりと建て玉管理、資金管理と

リスク管理を行うことです。



上記2つについて「ありえない」という方。

気持ちは良く分かります。



ですが、

負け組の常識を信じ続けて

一般大衆に埋もれ続けるのか、

勝ち組の常識を受け入れて

殻を破って大衆から一歩抜きんでるのか。



当然、後者を目指しているはずです。

世間一般の常識を信じている限りは、

後者にはなれません。

これは私の経験上、断言できますし、

私が尊敬する数人のビッグプレイヤーの方も

同様のことを言っておられます。



上記の2つの「コツ」を受け入れて

ご自身で取り入れ試してみる。

練習、検証を繰り返してみる・・。

おそらく100本の有料商材を買うよりも

価値のあることと思います。


ランキング/トレード手法ならこちら




   ↑
商材を一つ、と言われればこれ。
私のスキャルの基盤を築いた商材です。
こちらのリンクから購入されると
スキャル手法レポート特典つき。





posted by 為替狼 at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

本日のトレード

久々の更新となります。

このところはあまり時間が取れないので

ブログの更新よりは自分のトレードが優先です。



本日は逆張りでコツコツと取っています。

4戦4勝。6.3%の利益となっています。






個人的には、逆張りは楽です。

勝率も良くなりますし、

適当なところで仕掛けて適当に利食いするだけですので。



適当、とはあてずっぽうということではありません。

ちょうど良い頃合で、ということです。



レンジの上限・下限少し手前から建て始めて

適度に利益が乗ったところで利食い、を繰り返します。



世のトレーダーは順張り派が大多数ですが、

逆張りをぜひ覚えることをお勧めします。

おそらく新たな世界が広がることでしょう。



ランキング/トレ
ード手法ならこちら




2009年07月30日

病は気から。負けトレードも気から。

ブログの更新頻度は落ちていますが、
トレードは継続しています。

昨日は3戦2勝1敗、約11%の利益、
本日は3戦1勝2敗、約5.5%の利益となっています。

利益は通常どおりあげていますが、
内容はダメダメです。。

先日の大きな敗戦の影響が気持ち的に残っており、
損切りが必要以上に早くなっています。

前回の敗戦もルール破りの結果ですので、
ルールは悪くないとは分かっていますが、
結局はルールを守れないのも実力と言えます。

耐えるべき時に耐えられずして、
満足のいく結果は得られません。
たまたま勝てていますが、
こんなことではいつか相場から去る日が来ます。

本日は大きな収益機会を逃すこととなりました。
最大の利益チャンスを逃した結果、
獲得すべき利益の3/4ほどの逸失利益となっています。

ルールどおりに淡々とトレードしていれば
かなりの利益となったにも関わらず、
気持ちに負けて、利に適わない行動を取ってしまう。

そもそも私の数々のトレードルールは
膨大な検証と経験の積み重ねによるものですが、
実際にルールどおりに実行するには
それなりの忍耐と勇気がいります。

順調に勝っているうちは良いのですが、
気持ち的にネガティブな時には
必要以上に考えすぎたり、余計な感情を生みます。

世界的な某ビッグプレイヤーは言います。
怖いトレードでなければ儲かりはしない、と。

まさしくそのとおりなのだと思います。
楽な行動をしているうちには
負け組の大衆から一歩抜きん出ることなど
できるはずがないのです。

一見すると苦しい場面で、
一歩踏みとどまって我慢できたり
一歩踏み出し損失を確定したり。
いずれも積み重ねから得た自信のみが可能とします。

まずは一旦、相場を休んで
地に足付けて再スタートを切りたいと思います。

・・本日は誰に対してでもなく
自分自身に向けた反省でした。

ランキング/トレード手法ならこちら

2009年07月22日

ルール破りで見事に撃沈

本日は13%の損失となっています。
元の資金の13%の損失を取り戻すには
損失後の資金の15%の利益を上げねばなりません。

ルール破りのトレードで
注文どおりの大打撃となりました。
どれほど肝に銘じていても
つい予測で勝手に動いてしまいます。

今回はトレンド相場での逆張りをしてしまいました。
初心者同然のミスです。
こういうミスは大抵、過信から生まれます。
このところのトレードが
かなりの勝率を保っていたので驕りが出ました。

しかもチャンスではない場面で
ポジションを膨らませてしまったことで
損失が大きくなってしまいました。

良かったのは、ロスカット後に
さらに逆行して伸びていったことから
そのまま保有し続けるよりははるかに損失が少なかったことです。

今回のミスをもって
あらためて自分自身のルールの有効性が証明されたので
あとから考えると
ルール破りで甘い汁を吸わなくてよかったと思っています。

損失はいくらでも取り戻せます。
ただし自分の手法・スタイルにとって致命的な過ちを
いかに真摯に受け止め、今後の行動に生かすか。
これができれば、決して高い授業料ではありません。

ただ、本日のところは一旦トレードは控えることにします。
こういう日は通常よりも感情が表に出やすかったり
トレードの調子が上がらないことも多いものです。
これもマイルールの一つです。



posted by 為替狼 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

本日のトレード

本日は日中の空き時間で一度トレード。
資金の3.3%ほどの利益を上げています。

ドル円で、1分足短期トレンドが伸び止まり、
そこから先は硬そうだったので逆方向へ仕掛け。
読みがあたり利益となっています。

値動きが少なく、かけた時間のわりには
あまり利益率は良くないです。

やはりLD/NY市場のほうが私は性に合っている気がします。


ところで、先ほど「読み」と言いました。
私にとっての「読み」は自分の中ではかなり感覚的なものですが、
基本となるのは高値・安値の関係です。

高値・安値を切り上げているのか。
それまで切り上げていたのが、
新高値を更新できずに下げはじめたり、
さらには安値を更新してきたり
・・となれば当然、上昇トレンドから
下降トレンドまたは持ち合いへの転換を想定します。

ただしこれらは厳密ではなく、
やはり相場の勢いであったり
「板」を想定した感覚であったりします。

よくトレーダーのことをスポーツ選手に例えられますが、
たとえば野球でもそうですが、
生まれつきの天才でも
やはり量をこなさなければその才能は開花しません。

やはりこのあたりの感覚は
とにかく多くの積み重ねの上についてくるものだと思います。
はっきりいって、量は強いです!
いきなり質を求めても
その人の感覚や才能、運に左右されがちですが、
「量」は誰がどう見てもこなした量だけの経験は
疑いようがありません。

私たち平凡なトレーダーにできるのは
「量」が「質」に転換するまで
とにかくひたすら量をこなしていくことです。
「量」をこなすことこそが
凡人が勝てるトレーダーとなる最も近道なのです。


車の運転でも
ただ教本を読んだだけでは運転できませんが、
慣れてくるとオートメーション化して
いちいち理屈で考えなくとも体が反応しますよね。
車の運転は、プロのレースで活躍したい方でなければ
日常の足として使う分には、特別な才能は必要ありません。

トレードでも、一部のビッグプレイヤーのように
数十億もの資産を築くにはある程度の才能が必要と思いますが、
すくなくとも一般の人がそれなりの利益を得たり、
専業として食べていく程度であれば、
数さえこなせば可能と思います。

ただしそれには
最低限のポイントを抑える必要はあります。
それらのポイントについては
やはり誰か実際に勝っている人に師事するか
とにかく事細かに教わるほうが道を外れにくいと思います。

当ブログの過去の記事を読み返してみていただけると
少しは見えてくるものもあると思います。
勝っている方のブログを色々とごらんになるのも良いでしょう。
(ただし玉石混在しているようですが。。)

ちなみにブログをごらんになる場合、
ただ見た目の見易さから選んでは決してよい情報は得られません。
当ブログも、字ばかりで我ながら見づらいと思いますが、
情報の質としては自信があります。
あとは見る側の選球眼ではないかと思います。

私も幸い勝ててはいますので、
お問い合わせいただけるとご相談には乗れると思います。

「弟子希望」とのお話もいただいておりますが、
ひょっとしたら、気が向いたら、
お弟子などと大それたものでないにしろ、
なんらかの形で個人的にお付き合いすることも
あるかもしれませんね。

もしご希望がありましたら
当ブログ「お問い合わせ」アドレスまで。
ご期待に添えるかどうかは未定ですが。

ランキング/トレード手法ならこちら

2009年07月07日

トレード成績

本日のトレードは3戦3勝、
利益率は8.57%です。

ここらでこの1ヶ月あまりの成績をまとめてみました。

ちなみに私は仕掛けや仕切りを分散して
トータルでの勝ちを目指しています。
日々の記事に書いている、通常の1勝というカウントは
複数のポジションの中では
負けたポジションもありつつも
トータルでのそのトレードグループで1勝
という具合にカウントしています。

なので統計的には単純には
なかなかまとめきれないところもありますが、
分散して建てたものを全て1つずつ計算した上での結果です。


〈09.6.12〜09.7.7の成績〉
371戦252勝119敗
勝率67.9%
PF2.37(総利益/総損失)
損益レシオ0.95(平均利益/平均損失)
利益率116.2%(原資ベース)
最大利益11.4%
最大損失12%

最大利益・損失は1トレードあたりでは
大きくても2%ほどとなりますが、
トレードグループとしての利損幅で計算しています。

ちなみにトレードグループあたりの勝率は
だいたい78%ほどとなっています。

怪しければさっさと切ることもあるので、
そういった損失回数がかさむと
私はこのくらいとなるようです。

トータルで利益とはなっていますが、
内容としては甘いトレードが目立っている印象です。

利食いを引っ張るべき状況・確定すべき状況、
損失に耐えるべき状況・確定すべき状況などは
私の中でルール化しているのですが、
ルールを破ってしまう場面が少なからずありました。

そのようなミスが無ければ
利益率は飛躍的に伸びたはずでしたが、
なかなか完璧には難しいのも事実です。





他のスキャルパーの成績を見ることも
とても参考になりますよ。
 ↓
ランキング/トレード手法ならこちら





2009年06月29日

本日のトレード

本日の相場(NY時間)はノントレンドとなっています。

この後、いずれはトレンド形成するのは当然ですが、
それがいつになるか、は私には全く予測はつきませんし、
予測しようとも思っていません。

ただその時々の環境を認識し、
相場状況を踏まえてその波動を拾っていくのみです。

本日はここまでで資金の3.9%ほどの利益となっています。


スキャルより大きめの時間軸で見ると、
徐々にボラが収束しており、
今後ボラティリティ・ブレイクを起こすエネルギーは
たまってきているようには見えますが、
(・・と記事を書いているうちにブレイク気味です。)

私の場合、
持合離れのブレイクについていくことも特にしません。

ブレイク狙いのスイングであれば、
レンジの上限・下限に逆指値注文、
反対側の上限・下限にロスカットの逆指値注文で
IFDを置いておくのが定石かと思います。

思惑通りに動けば、たとえば上昇トレンド形成時には
ロスカットのほうの逆指値を
トレンド方向に切り上がっていく直近短期安値を下回った位置に
少しのバッファを設けて徐々にずらしていく、という
トレーリングを行うのも定石ですね。

また、トレーダーによっては、
短期安値形成後、直近短期高値を上回った時点で
増し玉をしていくピラミッディングを行うのも有効かと思います。
その場合に注意すべきは
増し玉は徐々にサイズを落としていくこと、といいます。


ただしこれらはそれなりに大きなトレンドが形成された場合のみ有効な方法です。
そうでなければ、結局薄利で終わってしまったり、
ノントレンドでは損切りを頻発することとなりますので、
より長期の流れの把握やその時々に市場が重視する要因など、
確かな大局観も問われることとなります。
サイクルカウンティングを取り入れ分析するのも良いでしょう。
大局に反したトレードは休むことも定石となります。

どのくらいの大きさのトレンドが発生するかは
スイングに適したスパンで
大きな時間軸から小さな時間軸へと見ていき判断するのが
やはり定石となってくるでしょう。


・・・以上のように(といっても、文章のみでは伝わりづらいとは思いますが)
スイングで定石どおりにじっくりとトレードする方法として
やるべきことは大抵決まっていたりはするのですが、
そのとおりにできるかどうかは向き不向きがあるようです。

私は我慢ができず、
トレーリング&ピラミッディングで利大を目指していくスイングは
到底、できる自信はありません。


それでも、スキャルでコツコツと勝ちを積み上げていくことには自信があります。
スイングよりも安定したパフォーマンスを維持することもできるつもりでいます。


スキャルを学習するには勝っているトレーダーをお手本にすべきです。
必ずしも上位ランカーだけが良いトレーダーとは限りません。
100位くらいまで一通り目を通して研究してみると
色々なものが見えてきますよ。
  ↓
ランキング/トレード手法ならこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。