2010年01月29日

経済指標発表時の取引について


こんばんは。

つい先ほどまでトレードしていました。

本日の成績は11戦11勝0敗。

資金の7.4%の利益となっています。


指標発表時のトレードでは、

5,6分の間に14回売買を繰り返しました。

新規・決済合わせると倍になるので

28回売り買いをしていたことになります。

買いからも売りからも入って、

こまめに利益を拾っていって、

約2%の利益となりました。


ちなみに、冒頭の11戦というは、

私は分割売買ですので、

1トレードグループ単位で1戦として

計算しています。


実際の売買回数は、

本日はトータルで44回になります。


指標発表時の取引についてですが、

プロの方はその時間のエントリーは見合わせ、

保有ポジションもスクエアにする

というのが一般的かと思います。


ポジションは当然、

私も事前にスクエアにします。

私のマイルールでは、

指標発表30分前は基本的に様子見です。



指標発表の際にも淡々と売買をするのは

私のように、

逆張り派のスキャルパーくらいでしょうか。


私個人的な考えとしては、

指標時取引では、逆張りでないと

トータルで勝つのはきついと思います。


値動きを追いかけて仕掛けるのは

指標時取引では厳禁です。

(・・というより、全てのトレードで

まずいとは思いますが。)


実際の売買についてですが、

まず、第1波は当然、見送ります。

指標取引で勝っている人で

第1波を狙う人は

まずいないのではないでしょうか。


そもそもほとんどの業者では

スプレッドが拡大していますので、

実質取引不可と思います。

サクソ系IBの業者は

使えるとの話も聞きますが。


そして狙うはその後です。

私は第1波のリバウンドから

積極的に狙っていきます。


第1波が伸びるだけ伸びて、

伸び止まりそうなところで仕掛け。

そこから、

「ここまではまず伸びてこないだろう」

という水準までを視野に入れて、

計画的に分割してポジションを

建てていきます。


そして順行してある程度の利が乗り、

値が止まったところで利食いです。

欲張らないことが必須です。



あと、その指標の注目度や

コンセンサスが極端に傾いている場合、

大きなサプライズで

暴騰・暴落の恐れがある場合には

第1波リバウンド狙いは控えます。


そういう場合には、

第2波から狙っていきます。


第2波狙いも基本的には同じです。

たとえば今回の場合、

第1波で大きく上昇、

その後伸び止まって下げてきて、

その下げがそろそろ鈍ってきた頃に

買いエントリーです。

そこから、上昇の起点よりさらに下、

上昇する前の持合レンジの

下限あたりまでを視野に入れて、

そこまでの分割売買を計画的に入れます。


そしてやはり順行して、

値が伸び止まったところで

欲張らずに利食いです。


感覚としては、

止まったのを確認するのではなく、

止まりそうなところで

早めにアクションを起こすことです。


指標取引は以上のような感じです。

個人的には、指標発表時の取引は

短時間で結果が出るので楽です。


スキャルをしていてつらいのは、

ダラダラと動きが無くなって

時間が刻々と過ぎていくような状況です。


そもそも相場に入る時間を

最低限にすることでリスクを軽減するのも

スキャルの利点ですが、

長時間相場に入っているということは

それだけ突発的な動きに

やられるリスクも増大しますからね。



参考になった、というかたは

応援よろしくお願いします。

  ↓


にほんブログ村 為替ブログ FX スキャルピング派へ
にほんブログ村














posted by 為替狼 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

プロの分析:ボラの重要性


こんばんは。

本日は米休場で、トレードも店じまいです。

こういう流動性が低下した相場では、

予期しない突発的な動きでやられることがあり、

ハイリスクなので、手を出さないに限ります。



・・・とはいえ、

私はポジ保有時間数秒の超スキャルで

小銭を稼いでいましたが。


さて、皆さんは順張り派ですか?逆張り派ですか?

それでは、順張り派の皆さんは

ボラ(ボラティリティ=流動性のことです)を意識して

トレードされていますか?


逆張り派の皆さんはどうですか?


実は、ボラはトレンドが上昇か下降か

はたまたノントレンドか。

・・・といったこと以上に重要であり、

とても精度の高い分析が可能なのです。


ボラが分かったからなんだ、って?

いやいや。ボラの大きさと傾向が分かれば、

それだけでかなり有利にトレードが進められるのです。


色々説明するより、まず結論。

ボラ = 小 = ノントレンド、スクイーズなど

の状態から、ボラ拡大傾向で順張り狙い。

ボラ = 大 = トレンド

の状態から、ボラ縮小傾向で逆張り狙い。


以上、たったこれだけです。


さらに、私が逆張り派であり、

そして、プロトレーダーの多くが

逆張り派であるゆえんとなるのですが、

トレンドが拡大して一通り動いた後の、

ボラ縮小傾向のときに逆張りを繰り返すことこそ、

精度の高いスキャルピングを可能とするのです。


ボラをとにかく大事にすることです。

トレンドが上か下か。

そんなことは誰にも読めません。

しかし、ボラの推移は

それら比べてはるかに分かりやすいのです。



参考になった、というかたは応援よろしくお願いします。

  ↓

ランキング/トレード手法ならこちら








上記のスクイーズなど、

BBを基本とした分析の基礎が学べます。

私のスキャル特典つき。






posted by 為替狼 at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

知識とトレード技術


1ヶ月以上更新が滞っています。

皆様の調子はいかがでしょうか。

私はというと、このところ少し順張りを試しているところです。

私の得意な逆張りで儲けて、

順張りをしてことごとくやられており、

本日は差し引き4%ほどの負けとなっています。

いやいや・・・。順張りは勝率が低くなりますね。


一度勝てば、利大を狙うので挽回はできますが、

その前に資金が尽きてしまっては元も子もありません。

やはり一番は資金管理・ポジション管理ですね。



ちなみにトレードの技法やコツについては、

これまでの記事で大部分、書ける事は書いてきました。


最近の相場は、スイング以上のスパンでトレードされている方は、

大きく勝てている方と、大きく負けている方に二分されるようです。


私はデイトレーダー(スキャルピング中心)ですので、

あまり相場のトレンドというか、

全体的な傾向は関係ありません。


ただし、ボラが出やすい状況・出にくい状況

超短期の時間軸で見たスイング(=上下波動)が

安定して出やすい状況・不安定な状況

・・・といった違いにより

取りやすい・取りづらいはあります。



さて、標題について。

よく一般的に大きな勘違いをされがちなのは、

勝てる手法を手に入れさえすれば、

勝ち続けることができる、ということです。


それができれば、

極端な話、当ブログを最初から通読すれば

私と同じパフォーマンスを上げられることになります。

もっとも、私のパフォーマンスが

取り立てて優れているとは思いませんが。



しかし実際には、ただ「知っている」だけでは

実戦では全くといってよいほど、

歯が立たないものです。


例えば、プロゴルファーのスイングを教わったからといって

すぐにプロゴルファーになれないのと同じです。

実際にトレードを行うのは人間ですから、

かりにメカニカルなシステムトレードであったとしても

おそらく運用する個人の力量によって

結果は天と地ほどの差が出ることでしょう。

ただし、完全自動売買で、

資金をシステムに預けたまま一切PCを開かないならば、

その収支はシステムに100%委ねられますが。


何を申し上げたいかというと、

要は、大事なのは知識よりも実践である、ということです。

値動きを肌で感じ、事前に決めたルールに従い、

自分の中に沸き起こる様々な感情一つ一つを

拾って大事に振り返る。

これを死ぬほど繰り返すことです。


何でもそうですが、

才能に左右されるのは本当に最後の一歩

抜きん出るかどうか、の段階です。

ただ、資産を増やしたいとか、

トレードで生計を立てたいという程度であれば

量さえこなせばそれなりの水準に立てます。


天才は才能のみでは結果は出せません。

才能があって、

量をこなした時はじめて開花するのです。

質は量からのみ生まれる、ということです。

このことを肝に銘じて日々精進することです。


そのとき、きっと分かるでしょう。

トレードは実は、とてもシンプルであること。

多くの経験を積み、あらゆる体験をして巡り巡って、

実は捜し求めたものは、

スタート地点にあることが分かると思います。
















posted by 為替狼 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

トレード手法について


本日はトレンドフォローで取りやすい相場でした。

4勝0敗、12.3%の利益となっています。


よくスキャルの詳細なノウハウについて

お問い合わせをいただくのですが、

そもそもトレードの基礎となる土台が

どのくらいできているかによって

人への伝わり方は様々ですので、

私の手法の細かな部分をお伝えするのは

なかなか難しいものがあります。


何か有益な商材は無いか、

とのお問い合わせもいただいたので

本日は、私が以前購入した商材をご紹介します。

ちなみに私のほうから積極的に

セールスするつもりはありませんので、

ご購入は自己責任でお願いします。



この商材は、現在の私のスキャルの基礎となったものです。

基本は長めのスパンのデイトレード〜スイング向けなので、

そのまま使用するとスキャルには馴染まないのですが、

私はアレンジしてスキャルを行っています。

その商材は、「FXビクトリーメソッド アドバンス」です。

現在、会員が4千何百人かいるとのことで、

すでにお持ちの方もおられるかもしれませんね。


この商材の利点

【利点】

・1つの手法を画一的に当てはめるのではなく、
 
 まずは相場状況の見極めから入ることを基本としている。

・トレンド状況のみならず、

 ボラティリティを分析の重点としている。

・決め付けはせず、予測はせず、対応することを身上としている。

・毎週数本ずつ追加される動画の講座は

 作者の思考方法などを肌で感じることができ、とても有効。

・作者の佐野氏はまぎれもなくプロのトレーダーであり、

 本商材により実際に多くの成功者を出している。

・とにかくサポート体制が充実している。

 メール対応もものすごく丁寧で、作者の人柄が窺える。

・・等々。

特にボラティリティの状態やその変化傾向は

トレードの最重要項目ですが、

意外にもしっかりと意識して分析されている方は

少ないのではないでしょうか。



せっかくですので、

当ブログのリンクからご購入された方には

商材ベースのスキャル手法について

私がまとめたレポート(画像付き)を

購入特典として付くように設定いたしました。


レポートを見ていただくと分かると思いますが、

この商材にひと工夫加えることで

スキャルピングの有効な手法としても

機能することがお分かりいただけると思います。


ご希望の方は、以下の手続きにてお願いします。

手続きを誤ると特典が付かない場合がありますのでご注意ください。

@「ツール」→「インターネットオプション」→

 「閲覧の履歴」の「削除」をクリック

A以下のリンクタグから入っていただき購入手続き。





posted by 為替狼 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード手法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

指標発表後のトレード


本日は指標発表後のトレード。

子どもを寝かしつけていた為、

残念ながら、最も得意とする

第二波狙いのタイミングは逃しましたが、

第三波狙いで利益を上げています。

4戦1勝3敗。損切りしつつ適切な仕掛けレベルを探り、

最後にチャンスと見るや一気に増し玉勝負。

20.7%の利益となっています。


最初の3敗では4.6%の損失を出していますので、

最後の1勝では実質、26%前後の利益を出しました。



指標取引ではとにかく逃げが肝心。

できるだけしっかりと引き付けて仕掛けるのが基本ですが、

ダメならすぐに逃げて、再度チャンスを待ちます。


そしてチャンスと見るや、一気に勝負をかけます。

勝負をかけた後、少しでも怪しければ

すぐに通常のサイズまで落とします。

その後やはりチャンスと判断すれば、

再度ポジションを膨らませます。

やはりダメそうなら落とします。

さらに完全にダメなら、損切りです。

以上を淡々とルールどおりに繰り返します。


すると上記のように、

リスクを通常の水準に抑えつつ

1勝3敗でも大きな利益を得ることができます。


ランキング/トレード手法ならこちら










カウンターは楽チン♪


本日は保合相場で逆張り。

3戦3勝。10.7%の利益となっています。


保合での逆張り(カウンタートレード)は心理的に楽です。

欲張らずに取れるところで利益確定。

勝率もおのずと高くなります。


逆にトレンドでの順張りは

比較的勝率が低めかつ利益を引っ張らなくてはいけないので

けっこう心理的には負荷がかかってきます。


さて本日は、その保合の逆張りの張り方について。

基本は、レンジ上限・下限付近までしっかりと引き付けて

上限・下限の少し手前から売り始め・買い始めます。

あとは上限・下限に向けて、

上がるほど売り増し、下がるほど買い増し。

上限・下限を明確に抜けて、

かつボラティリティが上昇したのを確認して損切り。

ボラの判断は目測や感覚では難しい方であれば

BBやATRなどを参考にされるのが良いでしょう。

え?BBって何?ATRって?

そういうのはご自身でネットで調べましょう。

検索すればいくらでも出てきます。


ちなみにボラ上昇が見られないなら様子を見ます。

ボラ上昇が無ければ、大抵は一旦押し戻りがあるので

そこを待って、値が止まって再度逆行開始した時点で損切り。

場合によってはそのまま順行して、

無駄な損切りをしないで利益につなげられます。

ちなみにこのパターンは結構ありますが、

大抵は損切りした後に

後悔することが多いのではないでしょうか。



仕掛けの注意点としては、

ボラがある程度ある状態での保合相場狙いとし、

保合がある程度の時間続いた後、

ボラが収束してきていれば手出し無用、ということです。


そういう場合には、

レンジブレイク&ボラ上昇を待って、

しかも追っかけたりはせずに押し・戻りを待ってから

初めて仕掛けです。


ブレイク狙いのトレードで

ブレイクした直後に慌てて手を出しがちですが、

そこはグッと我慢です。


もちろん、ポジションサイジング・リスク管理の上でなら

ブレイク後すぐに仕掛けた後、

押し・戻りで増し玉して

結果ダマシであれば損切りドテン   ・・・と

そこまでのシナリオをばっちりと組める方なら

ブレイク後すぐに手を出すのもアリと思いますが、

私も含めこの記事を読まれている方の多くは

そこまで売買がお上手ではないかと思います(失礼)。


なので、せめて追いかけて仕掛けることは

断じてしないように肝に銘じましょう。

それができないのでしたら、

厳しいようですが今すぐ相場から足を洗うか、

もしくはポジションサイズを極限まで落として

ひたすら負け続けて痛い目を見て、

懲りるまで続けるのが良いでしょう。

(私は後者でした。)


・・と、記事を書いているうちに

トレンド形成したのを見計らって順張り。

本日の成績はトータルで16%の利益となりました。


応援いただくと励みになります

 

ランキング/トレード手法ならこちら






2009年08月13日

試し玉と打診売買

本日は2戦2勝。10.1%の利益となっています。

昨日の損失分を取り戻した形です。



米失業保険新規申請件数では大きく動きましたね。

私は残念ながら、子どもを寝かしつけており

トレードはできませんでしたが、

参戦していれば利益があがっていた値動きでした。



さて、本日は打診売買についてです。


ところで、私は仕掛けは分散しています。

私の考えでは、

1回の仕掛けで当たれば利食い、外れれば損切り、

・・・というトレードは所詮、丁半博打に過ぎないと思っています。


FXに手を出し始めた多くの方は

ただ単に、優れた仕掛けサインを捜し求める傾向がありますが、

そもそも相場には、「売買技術」というものがあります。


言葉を変えると、

トータルで勝つための建玉・落玉戦略のことです。


プロとして相場を張る方の一部では

まだ可能性としてどうか、という段階から

「試し玉」と称して総玉の一部を打診買い(売り)として入れて

相場の動向を見極める手法を使っています。


感触が悪ければ、試し玉ですので

さっさと手を引いて再度様子を見ます。


そして好感触を得ると

相場の動向を見つつ段階的に増し玉をして

いよいよ本玉を投入していく。


その過程では、とにかく慎重に繊細に

相場の息遣いをも感じるかのように

相場の動向に全神経を集中させるわけです。


かと思うと一旦動き出せば

怒涛のごとく攻め立てることもまた

優秀な相場師の得意とするところです。


かの有名な伝説の相場師、ジェシー・リバモア氏もまた

打診売買と怒涛の攻めを身上としていたようです。


相場経験は長いがいまひとつ勝てない、という方

ぜひ一度、試し玉を取り入れてみてはいかがでしょう。

先の見えない暗闇の中に一筋の光が差すかもしれません。

私がそうであったように。


ランキング/トレード手法ならこちら


2009年08月07日

雇用統計のトレード


本日は雇用統計の発表を待ってトレード。
発表後の15分ほどトレードして4戦3勝1敗。
24%の利益となっています。

雇用統計など、重要経済指標発表時のトレードの基本は
第1波を見極めて第2波狙い。

発表前に上下両方向に仕掛けの逆指値を置く方法がメジャーですが、
第1波ではスリッページが極度に大きくなりがちなのと、
発表の瞬間はスプレッドも拡大するので
この方法にはかなり難点があります。

第2波狙いの手法については
気が向いたらレポートにでもまとめてみようかと。
その時にはご希望の方に配布したいと思います。

雇用統計という魚のおいしい頂き方は、
第2波の、適度に脂が乗った部分を
スマートにいただくことです。
当然、頭と尻尾は残すこともマナーです。

基本としては、トレンドフォロー。
利食いも損切りもとにかく早めに行うことが必須です。
逃げ足の速さが明暗を分けることになるでしょう。

あとはとにかく、第1波には手を出さないこと。
あの強い値動きは一見おいしそうに見えて、
手を出すと大やけどをしてしまうことでしょう。
リスク管理を怠ると、一発退場。再起不能となります。

スーパートレーダーの雇用統計の
おいしい頂き方、参考になります。
 ↓
 ↓
ランキング/トレード手法ならこちら





2009年07月31日

私のメイン手法

昨日は一旦、お休みする旨の記事を書きましたが、
思ったよりも元気が復活したので再起を図りました。

本日の結果は4戦3勝1敗。
トレンドに乗ってスキャルを行い
13.7%の利益を得ています。

今回は気分一新で、
私のメインの手法について画像を交えて解説いたします。
といっても、本日の相場のごく一場面ですので
私の全ての判断とはなりませんが、
ベースとなる手法は今回の解説で十分だと思います。

以下は練習問題の形式で掲載しています。
上から順に画像をご覧いただき、
ぜひご自身で考えながら読みすすめてみてください。

画像解説09.7.31@-1.bmp

画像解説09.7.31@-2.bmp

3枚目ですが、誤りがあります。
ロングではなく、「ショート」の間違いです。

画像解説09.7.31@-3.bmp

画像解説09.7.31@-4.bmp


私の本日のトレードはこの後のNY時間までおこなっていますが
画像解説の作成は途中で力尽きました。
画像を使って解説するのは想像以上に骨が折れます。。
今回はNY時間開始前までの解説でした。

今後は気が向いたら、また画像解説もしてみたいと思います。
参考になったという方、以下をご覧いただけると幸いです。
ランキング/トレード手法ならこちら



2009年07月14日

トレードロジックについて

本日のトレードは3戦2勝1敗
利益は16.25%となっています。

ここぞというタイミングで
勝負をかけることができました。

スキャルでは、通常時はとにかく
リスク管理を最優先しつつも
チャンスでは猛然と攻め立てることも重要です。

このところ
私のトレードロジックについて
何件かお問い合わせがありました。

それなりに実績を上げているトレーダーは
何か秘密の手法を使っているのではないか。
そのような妄想を抱きたくなるようですが、
私はいたって平凡なロジックのもとにトレードしています。

トレンドフォローを基本としつつ
カウンタートレードも行っています。
指標発表時の第二波狙いも行っています。

時間軸は1分足をメインとしつつ、
5分、15分足を使っています。

繰り返し書いていますが、
仕掛け・仕切りは分散しています。

通貨ペアはドル円のみです。

トレンドフォローでは、
1分足での短期のトレンドを
ダウ理論をベースに確認しつつ、
リトレース狙いをしています。

これはいたって普通の手法だと思います。

カウンターでは、
レンジ幅を想定して
レンジ上限・下限付近での逆張りをしています。

カウンタートレードでは
よくBBの±2σを基準としてトレードなさる方がいますが、
それはそれで目安の一つとしては有効かと思います。

ただしそれだけではなく、
やはり少し前に形成された短期高値・安値のラインを意識し
そこまでのレンジ幅を想定した上で行うのも必要と思います。

ちなみにトレンドフォローでもカウンターでも
逆行時には一定水準を超えたあたりを
損切りゾーンとして決めた上でのトレードを行うこともまた
いたって普通の手法かと思います。

なにより大事なのは、
とにかく撤退ポイントをしっかりと決めておくこと。

そこまでの資金管理・建玉管理をしっかりと行うこと。

撤退ポイントは仕掛け後は決して動かさないこと。
これは損を拡大する方向にも、
損を縮小する方向にも、です。
よく、損を縮小する方向には動かしても良い、
とする意見もありますが、
私はこれはすべきではないと思います。
もしする場合には、
仕掛け前に全てのシナリオを想定していなくてはなりません。


以上が私のトレードロジックとなりますが、
同じ手法を使っても負け続けている方はいると思います。
以前の私がそうでした。

結局はこれまでの記事で書いたように
手法を信じて、ルールを厳守して、
一貫してトレードすること。

それさえできれば、
事前に出口が決まっていさえすれば
自然と資金は増えてくるものです。


私が当ブログにて一貫して主張しているのは
トレードに王道はあれど覇道は無し、ということです。

そしてなにより
手法よりは資金管理とメンタル面が重要です。

「投資苑」のアレキサンダー・エルダー氏の提唱する
トレードに必要な3つの‘M’
マインド・メソッド・マネー は有名ですが、
その重要度からすると
比率としては、
マインド7
マネー2.9
メソッド0.1
くらいかと思っています。

はっきりいいますと
2つのMさえあれば
手法の部分はそれなりでも
コンスタントに勝ち続けるように思います。


そしてなにより、以上を実現するのは
「自己規律」なわけです。
「規律」は日常生活から自己を律していかねば
決して身につきません。

常日頃、何気ないことから
自分で決めたことは何が何でも貫徹すること。
おそらく勝っているトレーダーは例外なく
己に最も厳しくあるはずです。

日常生活で自分に甘い方が
より自らの感情に直面させられる場である
トレードのときだけ自己を律することなど
できようはずもありません。


・・・本日の記事をお読みになり、
完璧に身につけ実践されれば
おそらく勝ち組の仲間入りをしているはずです。



手法はどうでも良いのですが、
少しでもこだわるなら色々と勉強しましょう
    ↓

ランキング/トレード手法ならこちら
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。